FC2ブログ
麹町ラプソディ
丸の内サラリーマン(ブラック)が日常を五行で切り取るブログ。
プロフィール

サトイチ

Author:サトイチ
子どものまま大人になった、しがないリーマンのつぶやきです。
当ブログはリンクフリーですので、気軽にペタペタしてください。相互リンクの場合は是非コメント等に一言頂けると助かります。
あと、甘党です。

サークル「RoseBud」にて、定期的に一定のテーマで短編小説を書いています。
http://rosebud.syarasoujyu.com/Top.html



最新記事



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



日本ブログ村



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独な世界。
その子は何をやらせても誰よりも上手くそれができた


ある子はそれを羨み、またある子はそれを妬んだ


何事もないかのように軽々とこなす様に教師ですら恐れを抱いた


あるとき、軽薄な子が感嘆の声と共に聞いた。「どうしてそんなに何でもできるの?」


その子は渇いた目で一瞥し、ただ一言「練習」とだけ答えた




スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

自分の居場所。
とある小国で、幼少期の能力や性格から適職を導くシステムが導入された


これによって幼なじみだった二人は別々の道を歩むこととなった


「お前はいいよな、研究者なんてさ。かっこいいじゃん。俺なんて公務員だよ。仕事を増やすために仕事して、無駄ばかりだ」


久しぶりにあった友人は、相変わらず愚痴を言うばかりで何も行動しなかった


何て的確なシステムなのだろう、と思った



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

時間の磨耗。
幼き頃は自分のために時間を使い  


巣立つ頃には人に時間を取られ


長じてからは人から時間をもらい


老いてからは人のために時間を使う


忘れられてからは、時間のために時間を使う





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

牧場の朝。
緩やかな稜線が薄く伸びた雲を包む


羊たちは無言で草を食み


牧羊犬が仕事を忘れて欠伸をする


朴訥な主人が太陽を連れて顔を覗かせると


思い出したように虫たちが歌い出す



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

忘れられた部屋で。
暗く縁どられた姿見の中で


私とあなたの境界線が歪んでゆく


今日は昨日となり闇はより深く


触れた手の冷たさが曖昧に笑う


振り子時計が鳴き、ぼやけた輪郭が音もなく溶けてゆく



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。