麹町ラプソディ
丸の内サラリーマン(ブラック)が日常を五行で切り取るブログ。たまに小説も書きます。
プロフィール

サトイチ

Author:サトイチ
子どものまま大人になった、しがないリーマンのつぶやきです。
当ブログはリンクフリーですので、気軽にペタペタしてください。相互リンクの場合は是非コメント等に一言頂けると助かります。
あと、甘党です。

最近、小説ばっかり書いてますが、そのうち媒体を切り分けることも考えています。ただ、今はとにかく書くことが大事だということで、ひとまずこのまま混合して進めて行きます。



最新記事



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



日本ブログ村



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物質的な豊かさと精神の揺らぎ。
フランスのパリにあるオルセー美術館には、印象派を中心に19世紀の名画が数多く貯蔵されている


美術の教科書に載っているような作品達に囲まれ、その場の空気を吸うだけで高尚な気分に浸ることができる


産業革命が人々の生活を、心を変えていく中、画家たちはその豊かな感性でそれを切り取った


ある者は人々の心の変化を捉え、ある者は時代の先を見据え、ある者は失われた何かを探し求めた


この場所は、そんな19世紀という時代の大きなうねりを、凝縮して大切に保存しているのである



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

あの頃の僕に。
イスラエル南部のネゲブ砂漠を、ラクダの背に揺られること数日


照りつける太陽と照り返す砂地は、喉の奥から水分を根こそぎ奪っていく


前方を歩く少年に追いつき、「どこへ行くんだ?」と声をかける


「Everywhere but here.」と少年はつぶやく


ここではないどこか、なんて何処にも無かったよと遠い目で答える



テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

時の最果て。
朝霞の中、かすかな光沢を得た石畳を登る


ギリシャの猫は、人馴れしているのかどこかふてぶてしく


それでいて何故か、品があるように見えた


エーゲ海の風は、すべてを緩やかに運んでいく


人も、木々も、雲も、猫も、その流れの中で、穏やかに混ざり合っていく



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。