麹町ラプソディ
丸の内サラリーマン(ブラック)が日常を五行で切り取るブログ。たまに小説も書きます。
プロフィール

サトイチ

Author:サトイチ
子どものまま大人になった、しがないリーマンのつぶやきです。
当ブログはリンクフリーですので、気軽にペタペタしてください。相互リンクの場合は是非コメント等に一言頂けると助かります。
あと、甘党です。

最近、小説ばっかり書いてますが、そのうち媒体を切り分けることも考えています。ただ、今はとにかく書くことが大事だということで、ひとまずこのまま混合して進めて行きます。



最新記事



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



日本ブログ村



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



童歌。
春は雪解けと祝福に包まれ



夏は深緑と歓声の中で



秋は実りと慎ましさをたたえ



冬は厳しさと感謝を知り



今は駆け回ったあの頃の記憶をそこに重ねる






パウル・クレー「ある庭の記憶」
パウル・クレー「ある庭の記憶」

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

まだ見ぬ春を思いながら。
天使が舞い降りた午後



僕はそっと口づけをした



凍える頬に手を添えて



流れる涙を静かに拭った



言葉にならない想いが、雪とともに静かに積もって行く



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

少年。
ある日唐突にそれは開いた



連綿と続く日々を穿つように



それはその深淵の奥から僕を見つめていた



僅かな祈りとともに僕が手を伸ばすと



それは確かにニヤリと笑った






カジミール・マレーヴィチ「黒い正方形」
カジミール・マレーヴィチ「黒い正方形」




続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

古いアルバムの中で。
久しぶりに田舎に帰ると



まるで時間の流れから丁寧に切り取られて



大切に保存されたスクラップのようだった



すべてはあの頃のままで



自分だけが遠く流れて行った






続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

純化する虚像。
紅くはにかんだ温もりが


今はどこかの誰かに向けられていて


僕はそっと記憶に逃げ込んで


水面に写る像をかき集めるように


都合の良いパズルを組み立てる





続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

おもてなし。
何気ない厚意から始まった関係が


いつの間にか当たり前になって


厚意を自ら要求するようになり


それを失って初めて


得難いものだと気づく






続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

スターゲイザー。
君はいつだって星を探していた


地上の喧騒なんて目もくれずに


僕が道に迷ったときは


いつも夜空を示してくれた


君はいつだって、星だけを見つめていたんだ




続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

深い隔たり。
昼間に夢から目覚めると


世界に一人だけ取り残されたような気持ちになって


それからいつもの変わらぬ日常が続いていることに安堵する


そしてそれを共有できる人がいないことに気づき


世界に一人だけ取り残されたような気持ちになる




続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

逃避行。
絡んだ線を振り払うように


私はすべてを投げ出した


抱え込んできたしがらみを捨て去って


あなた以上に必要なものはないのだから


あなた以上に大切なものはないのだから



エドゥアール・マネ「Boating」
エドゥアール・マネ「Boating」

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学