麹町ラプソディ
丸の内サラリーマン(ブラック)が日常を五行で切り取るブログ。たまに小説も書きます。
プロフィール

サトイチ

Author:サトイチ
子どものまま大人になった、しがないリーマンのつぶやきです。
当ブログはリンクフリーですので、気軽にペタペタしてください。相互リンクの場合は是非コメント等に一言頂けると助かります。
あと、甘党です。



最新記事



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



日本ブログ村



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



藍色の空の下で。
6月。街中の憂鬱を飲み込んだような静かな雨が、小さな喫茶店の窓を叩く。 



「セロテープのようなもんさ。あっても無くても変わらない。他にいくらでも代わりがある。そうだろ?」 男が投げかける。 



「そうね。そうかもしれない。」 女が応える。 



―――でもね。 私にとっては唯一の、かけがえのないもので、代わりなんて無いの。そうでしょ?



男は窓の外を見た。先ほどまでの雨の鬱屈とした響きが、優しいオブラートに包まれていった。 










バッハ:「ゴールドベルク変奏曲」よりAria da capo(グレン・グールド)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学