麹町ラプソディ
丸の内サラリーマン(ブラック)が日常を五行で切り取るブログ。たまに小説も書きます。
プロフィール

サトイチ

Author:サトイチ
子どものまま大人になった、しがないリーマンのつぶやきです。
当ブログはリンクフリーですので、気軽にペタペタしてください。相互リンクの場合は是非コメント等に一言頂けると助かります。
あと、甘党です。

最近、小説ばっかり書いてますが、そのうち媒体を切り分けることも考えています。ただ、今はとにかく書くことが大事だということで、ひとまずこのまま混合して進めて行きます。



最新記事



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



日本ブログ村



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



展覧会の絵。
華やいだ展覧会の中


僕は一人、佇んでいた


ここには何でもあり、何もなかった


誰かが乾いた声をかけた


僕は虚空に無機質な言葉を返した


モデスト・ムソルグスキー「展覧会の絵」
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学


コメント

絵の展覧会って、華やかさの中に何処か静けさみたいなものを感じますよね。
一つの絵に魅入られて、それをじいっと見つめるような。

けれど、実際の展覧会だと(自分の経験上ですが)人だらけで実際は静けさも何もあったものじゃなかったり。
展覧会が落ち着いていて、静かな一つの世界だった時代は貴族の終焉と共に終わってしまったのでしょうかね。

あと、自分の好きなバンド「EL&P」が展覧会の絵のアレンジを出したりして。今回も実はそれがきっかけでコメントしていたりします。
[2016/02/07 23:49] URL | 秋田藻溜 #fLQ05n2U [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>秋田さん

ご無沙汰しております。
気がつけばこんなに時間が。。。亀レスで申し訳ありません。

絵を見ることが目的となってしまった時点で、芸術ではなく
観光資源となってしまったのが、本来あるべき姿(というものがあればですが)
と乖離してしまった、といったところでしょうか。
美術館も、落ち着いて作品と対話する余裕なんてなく、もったいない限りです。

EL&Pは初めて聞きましたが、なかなか良いですね。シンセ・ベース・ドラムとはなかなか珍しい構成で。
こんなロックな展覧会があったとしたら、行きたくはないですが(笑)
[2016/03/05 19:05] URL | サトイチ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://koujimachirhapsody.blog.fc2.com/tb.php/175-2cbac0af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)